【コラム】今までとはちょっと違うバレンタインを

バレンタイン。もうすぐですねえ。
欧米では、2月14日はカップルが愛の誓いをする日、祝う日としてはじまっていて、実際、男性も女性も恋人や親しい人に、感謝と愛をこめて花を贈るのがバレンタインのスタンダードになっているようです。海外では、バレンタインデーはたいせつな人に花を贈る日として定着しているようです。
お花をもらった時って、自然に笑顔がこぼれて、贈った人もハッピーに。人と人がやさしくなれる、そんなステキな関係が続くように、今年はフラワーバレンタイン。
世界で「いちばん花を贈る日」が、2月14日といわれるのもナットクです。
これがバレンタイン限定だけではもったいない。ありがとうの思いをこめて、たいせつな人にキュートな花束を贈ったり、贈られたりすることは、気軽に感謝の気持ちを伝えるステキな習慣だと思いませんか。男性が贈るのは照れ臭いと思うのは、もう古いのかもしれません。
友チョコならぬ、“友フラワー”、 なんてオシャレですね。ルックス重視の人も大満足、花束の贈りものはこだわり派の友だちも、家族にも、大人気間違いなしです。
最高の笑顔につつまれて、ハッピー☆フラワー☆バレンタイン!

フラワーバレンタインにぴったりのお花をご紹介いたします。

カーネーションの花束

赤いカーネーションの花言葉、「母への愛」から、カーネーションは「母の日のお花」と思いがちですが、そんなことはありません。切花では、年中売っているとてもポピュラーなお花です。
母の日では「赤」「ピンク」などが主流ですが、実は他にも、淡い色合いや緑色など、花束やブーケに使われるポピュラーなお花です。色によって花言葉が変わります。
 白いカーネーションの花言葉は「純粋な愛」「私の愛は生きています」。
 ピンクのカーネーションの花言葉は「女性の愛」「美しいしぐさ」。
 黄色いカーネーションの花言葉は「軽蔑」。
 紫のカーネーションの花言葉は「誇り」「気品」。
 青いカーネーションの花言葉は「永遠の幸福」。

バラの花束

バラは「花の女王」とも呼ばれ、誰もが知っているお花です。古くから愛や美を象徴する花として世界中で愛され、恋人や家族へのプレゼントに贈られてきました。昔から愛されているお花ですので、初めてお花をプレゼントするあなたでも安心して贈れますね。本数によって花言葉が変わります。
(本数別、バラの花言葉)
 1本 「一目ぼれ」「あなたしかいない」
 2本 「この世界は二人だけ」
 3本 「愛しています」「告白」
 4本 「死ぬまで気持ちは変わりません」
 5本 「あなたに出会えた事の心からの喜び」
 6本 「あなたに夢中」「お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう」
 7本 「ひそかな愛」
 8本 「あなたの思いやり、励ましに感謝します」
 9本 「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいてください」
 10本「あなたは全てが完璧」
 11本「最愛」
 24本「一日中思っています」  など
いつかプレゼントする時のネタにしてはいかがでしょうか。

ピンクの花束

女性に贈る花束といえば、ピンクが断然人気です。理由はもちろん「女性が喜ぶ色」であるのはもちろん、一番人気のお花であるが故に、ピンクの比率は高くよく選ばれがちだったりもします。若い方にはピンクのガーベラが入ったブーケが人気です。それ以外にもオリエンタルユリが入ったブーケは豪華さと清楚さを兼ね備えて上司の方へのプレゼントなどに最適です。最近では1本でも素敵なトルコキキョウを使ったブーケも人気です。

赤の花束

赤い花は、「愛」や「美」などポジティブな印象のある花言葉が多いです。代表的なのはプロポーズにつかう「108本の赤いバラ」が有名ですね。赤色は情熱的でエネルギッシュな色です。エネルギッシュだから、やはり小柄な可愛らしい女性に贈るには少し不向きな感じがしますよね。赤はたくさん使うと動きのあるイメージになってしまいがちですが、淡い色の組み合わせで優しいイメージにも変わります。贈る人や贈る場所のことをイメージしながら選ぶと、素敵なブーケをプレゼントできるのではないでしょうか。

黄色の花束

黄色のイメージは「明るい」「元気」「ビタミンカラー」など、元気なイメージを想像できますよね。実は花言葉では黄色いバラは「嫉妬」「薄らぐ愛」、黄色いチューリップは「失恋」「望みのない恋」などちょっとネガティブなイメージばかりですが、実はそんなことはありません。黄色いひまわりは「あなただけを見つめる」の花言葉で欧米ではプロポーズに使われていますし、イタリアでは3月9日にミモザの日という風習があり、男性から女性にミモザの花を贈る文化があります。男性にも女性にも喜ばれる色で男女問わずプレゼントに最適だと思います。実際に、黄色のブーケをもらったり作ったりする方は大勢いらっしゃいます。もらう人の笑顔を想像して「黄色が似合うな」と思ったら、是非黄色を選んで素敵なブーケをプレゼントしてください。

お花をプレゼントすることは、プレゼントする側もされる側もとても嬉しい時間です。相手の事を想って選んでいる時間は素敵な時間ですね。贈られた相手も、自分のことを想って選んでくれた時間を嬉しく感じると思います。カインズでは、『お花のある暮らし』を多くの方に味わって欲しい気持ちを込めて、フラワーマーケット店舗では、季節に合わせたお花を多数取り揃えております。豊かな自然や季節をインテリアに取り入れ、忙しい毎日に彩りを。